バリフの通販

通信販売

バリフは通信販売で買おう バリフは日本では認可されていない未承認医薬品のため、薬局などで購入する事はできません。そのため、安いシアリスとして人気の高いバリフを入手する方法は、個人輸入代行と言う通信販売に頼るしかありません。
一般的に通販と言うと、インターネットのホームページで注文したり、電話やFAX、メール等で発注する事が多いと思います。注文を受けた業者はお客様へ商品を発送してお届けするため、店頭へ撮りに行く必要も無く、宅配業者が製品を配達してくれるのです。
支払いも簡単で、銀行振込み、クレジットカード払いが一般的ですが、コンビニ払いや代金引換(商品代引き)、後払いなど選べる場合も少なくありません。

未承認医薬品であるバリフを通信販売で購入するのも簡単で、ヤフーや楽天で注文するのと同様な手続きです。ショッピングカートにバリフを入れ、数量や金額を確認、注文者や配達先の情報を入力するだけです。日本語で注文できますので、特別な知識も必要ありません。
お支払いも日本円が使えますので、バリフを国外から輸入すると言っても、特別に難しい事は無いのです。そして、輸入に関する法律や関税についても、特に意識することなく注文できるのです。

日本国内の通販と違う一番大きな点は、配達期間でしょう。通販では1日〜2日で届くものが、個人輸入では1週間〜2週間かかります。国際郵便物であるため、貨物は次のような経過をたどります。
・1〜3日目:発送国内輸送期間であり、発送国の国際空港までの配送。 ・2〜4日目:発送国の出国税関審査。
・3〜5日目:航空貨物便への搭載。
・4〜7日目:日本国内へ到着。
・6〜9日目:日本での輸入税関審査。
・7〜11日目:お客様宅への配達。
多くのプロセスを経由してお届けする商品のため、配達に時間がかかるのが難点ですが、100%配達保証の代行店が多いため、問題はありません。

個人輸入

バリフは個人輸入で注文します 先に述べました通りバリフは未承認医薬品のため日本国内で購入する事はできません。 そのため、個人輸入制度を利用して海外から輸入する事は、法律上まったく問題の無い手段であり、バリフを最も安く最安値で購入することができる方法です。

個人輸入は法律で認められた範囲内であれば、いかなる商品も輸入する事ができます。ここでいう「許可された範囲」というのは、禁止された物品では無い、数量などの制限範囲内であるという事です。例えば、麻薬や覚醒剤、銃などは輸入が禁止されている事は誰もが知っている事でしょう。また、ワシントン条約で定められた特定動物なども輸出入が制限されています。
バリフは日本では処方が認可されていない未承認医薬品ですが、成分はシアリスと同じクエン酸タダラフィルであり、輸出入が禁止されている商品ではありません。

医薬品の個人輸入に限って説明します。日本の医薬品は薬事法と言う法律で守られています。風邪薬や解熱剤など、全ての医薬品は厚生労働省がその効果や効能、副作用などを検査し、十分な臨床実験を行ったものであり、医師の処方により安全に安心して使用できるものです。 もちろん、治験では判らなかった副作用や他のお薬との組み合わせの問題などが、後から発覚する事はあります。何事にも100%安全とは言い切れませんが、基本的には国民が安心して飲めるお薬が承認薬なのです。

未承認薬は厚生労働省がその薬品の安全性を保証していない、又は、検査していないものを指します。これには2つの場合があります。それは「その製品を承認していない」場合と「その成分を承認していない」場合です。
その製品を承認していないということは、成分は問題ないが、商品としては検査していないので承認していないという事です。 バリフの成分はシアリスと同じクエン酸タダラフィルですので問題ありませんが、バリフと言う製品を検査していないので認可していないのです。バリフは未承認医薬品だから危険と思う方も多いかと思いますが成分はまったく問題が無いという事です。
一方、成分を承認していない物は、効果や副作用が未知ですから、健康被害が発生するかもしれません。そんな危険なものを輸入する人は居るのか?と疑問に思いますか? 実は沢山います。ED治療薬は飲まなくても死にませんが、癌などの難病と闘う患者様は新しい効果のある新薬を心から待ち望んでいるのです。 アメリカで開発された新しい抗癌剤があるとします。米国FDAは認可しましたが日本の厚生労働省が認可するまでには数年かかると言われています。癌患者に新薬をあと3年待ちなさいと言えますか? 藁をも掴みたいガン患者にとって、未承認の抗がん剤でも試したいと思うのは当然のことなのです。
このように、自分の意志で、自分の責任で飲む(使う)のであれば、未承認の医薬品でも輸入して良いと定めたのが個人輸入なのです。

この個人輸入の輸入手続きを代行するのが個人輸入代行です。海外の薬卸業者から発送をさせる手続きを代行します。個人的に依頼すると現地通貨での支払いなど頻雑な手続きが必要ですが、個人輸入代行なら日本円で支払いができます。 お客様が便利に個人輸入できるようにお手伝いするのが個人輸入代行なのです。

未承認医薬品

バリフは未承認医薬品 バリフは厚生労働省が認可していない未承認医薬品ですが、それが危険な薬では無いことは先に述べたとおりです。 但し、正規品のシアリスは医師の処方が必要な要指示薬ですので、バリフも同じく医師の診察を受け、シアリスの使用について知識を得た人が、安いバリフを注文すべきだと思います。

バリフはシアリスと同じ成分なのに認可されないのか? 認可には治験が必要です。この治験には多くの費用がかかります。すると、バリフの値段が上がってしまいます。それでもインドのバリフなので価格はシアリスより安いです。 もし、バリフが認可されると本物のシアリス(ファイザー製薬)の売れ行きが悪くなります。ファイザーは世界的に研究開発を続けている最大手の製薬会社ですので、インドのジェネリック会社がそれを脅かすのは政府としても防ぎたいのでしょう。
我々には、個人輸入と言う制度がありますので、それほど問題ではありませんが・・・

薬事法

バリフと薬事法 バリフの成分はタダラフィルであり医薬品として扱われています。薬事法では未承認医薬品ですので日本国内で販売する事はできません。 そのため、バリフを買うためには個人輸入代行等を通して通信販売で注文する必要があります。
薬事法では輸入できる数量の制限があり、要指示薬は1カ月分までと決められています。 よって、バリフの場合は1箱に4錠入りアルミシートが入っていますので7箱(28錠)が最大数になると考えられています。 この数量を超えて輸入しようとうると、税関の輸入審査で没収されることもあります。もし、8箱(32錠)を輸入しようとしたところ、数量オーバーの通知を受けた場合は、1箱(4錠)を破棄してもらい、7箱を受け取る事は可能です。 残念ながら本当は1錠の廃棄(残り31錠で1カ月分と解釈できる)で良いのですが、箱単位での廃棄になるので7箱しか受け取れません。

輸入者側では無く、個人輸入代行業者にも薬事法は大きくかかわっています。 例えば医薬品の宣伝広告においては、未承認医薬品は許可されていません。名称や成分、効果や副作用、写真などを公開して宣伝する事は許可されていないのです。 宣伝を規制する事により、安易に未承認医薬品に手を出さないようにし、健康被害を防ぐことが目的のようですが、日本のサイトにしか適用する事ができず、海外の個人輸入代行会社は広告をしています。 日本の法律も、国際競争の中では、意味のないものであり、安心して利用できる日本国内の個人輸入代行店が閉店に追い込まれ、偽物や詐欺を繰り返す海外サイトが生き残っている現状を考えると、日本の法律が世の中を良くしているとは考えられません。

輸入制限

バリフの輸入制限 バリフは一般的に20mg錠を購入される方がほとんどです。輸入制限では1カ月分なので、1日1錠とすると30錠までが1回に輸入できる上限と考えられています。 しかし、日本人の体格に1回20mgは多過ぎるため、一般的には半分に割って10mgを服用します。要するに30錠で2カ月分になるのです。

しかも、毎日飲む人は稀であり、多い人でも2〜3日おきだと思うので、実に半年〜1年分くらいになるのです。 そう考えると、30錠5000円程度で1年間も使えるのですから、輸入制限を超えてまで注文する必要は無いですね!

関税

バリフの関税 関税は薬事法には関係なく、輸入する物品の価値に応じて課税される税金です。 ニュースなどでTPPという言葉を耳にします。TPPはTrans-Pacific Partnershipの略で環太平洋戦略的経済連携協定のことです。これは、日本・米国を中心とした環太平洋地域による経済連携協定(EPA)の意味です。
個人輸入にTPPは関係ありませんが、輸入する商品の価格に応じて関税がかかり、商品受取時に支払う必要があります。 但し、関税が課税されるのは原価で1万円を超える程度の価値がある製品の場合ですので、バリフは関税を徴収されることはありません。

最安値でバリフを注文したい方へ

当店はお客様からの注文を受けて、海外からご注文の商品を個人輸入する手続きを代行する個人輸入代行業者です。 取扱いの医薬品は米国FDAなど世界各国では承認されていても、日本においては認可されていない未承認医薬品であることがほとんどです。これらの未承認医薬品であっても、個人が使用する目的で輸入する事は法律上、問題無く、合法的に輸入できるのです。

個人輸入で輸入できる商品の数量には制限があり、一般的に医薬品(要指示薬)は1カ月分、サプリメントや外用薬は2カ月分と定められています。この数量を超える輸入は税関にて没収される場合がありますので十分ご注意ください。他社で輸入した数量も対象となりますのでご注意ください。

バリフは業界最安値の価格でご提供させていただいておりますが、他社より高い、もっと安くとのご要望はメールにてお問合わせください。 特に、複数個口やまとめ買いなどは値引きを検討しますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

最安値でご注文いただいたバリフは、インドの医薬品業者から発送いたしますが、国際郵便物と言う性格上、郵便事故(遅延・紛失・破損・水濡れ)に遭遇する確率も高く、発送元業者の数量間違い、商品間違いなども発生致します。 これら、お客様に責任の無いトラブルは、全て弊社の保証で再発送など対応いたしますのでご安心ください。

100%配達|本物|品質保証

ご注文いただいた商品は100%配達保証、本物保証、品質保証でお届けいたします。ご自宅への配達の他、郵便局留め、営業所留め、会社宛、事業所宛ても承ります。但し、宅配ロッカーは利用できない場合があります。 お支払いは銀行振込み、クレジットカード、コンビニ払い、後払い、商品代引き、代金引換など利用できます。

↑ PAGE TOP