タダチップ20mgを業界最安値でお届けします

タダチップタダチップはシアリスのインド製ジェネリック医薬品で、正式名称は「タダチップ」すが「タダシップ」と発音する場合もあります。製造販売はバイアグラのインド製ジェネリックやレビトラのジェネリックの製造販売も行う シプラ (Cipla Ltd.)という製薬会社です。 「シアリス」は商標名称で日本ではイーラーリリーが製造、日本新薬が販売しています。一般名は「タダラフィル錠」と呼ばれており有効成分はタダラフィル(Tadalafil)です。 「タダチップ」もCiplaが所有する商標名で、名前の由来は見て明らかな通り、成分タダラフィルから名付けられています。 タダチップの特長は、バイアグラやレビトラよりも長時間作用(最長36時間)する点や、「顔のほてり」や「目の充血」「頭痛」などの副作用が少ない点など、「シアリス」とほとんど一緒です。 タダチップとシアリスは全く同じかと聞かれると答えはノーです。何故ならば、シアリスとは成分は同じですが製造方法が異なります。 また、シアリスは世界各国で承認されていますが、タダチップはインド国内のみでしか承認されていないという点も十分留意する必要があるかも知れませんが、インド政府が承認している医薬品ですので、効果や安全性には問題ないと考えてよいでしょう。

タダチップについて

★[RGT便]の配達期間は6〜12日間程度です。
★[EMS便]の配達期間は5〜10日間程度です。
品番品名価格注文
10396タダチップ20mg(Tadacip) 4錠1箱(4錠)[RGT便]2,250円
10397タダチップ20mg(Tadacip) 4錠3箱(12錠)[RGT便]3,080円
10398タダチップ20mg(Tadacip) 4錠5箱(20錠)[RGT便]3,800円
10399タダチップ20mg(Tadacip) 4錠7箱(28錠)[RGT便]4,480円

商品概要

タダチップは国内3番目のED治療薬(PDE5阻害薬)であるシアリスと同成分のジェネリック(後発医薬品)です。 先行して発売されたバイアグラやレビトラと比べると、服用後24時間〜36時間も勃起機能改善効果が認められる長時間型のED治療薬です。 また、服用の際に食事の影響を受けにくい特徴があるため、飲む時間に悩む心配がなく、長時間にわたり安定した効果が期待できます。

効果が長時間持続することから、米国ではウィークエンドピルと呼ばれるほど人気のある商品です。 金曜夜に飲めば、土曜日、そして日曜の朝まで効果が継続するので、性行為の直前に飲むタイミングを考える必要がなく、場面でいつでも臨戦状態になれる優れものです。 24時間いつでも戦える状態は、若さを取り戻したような感覚になることでしょう。

男性の勃起不全症あるいは勃起障害のことを、ED(Erectile Dysfunction)と呼びます。このお薬は、勃起を助けるED治療薬です。陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。 心理的要因による“心因性”のもの、神経や血管など体に問題のある“器質性”のもの、あるいは心因性と器質性の“混合型”のいずれにも有効です。服用後まもなく、性的刺激(リビドー)が加わることで効果が発現します。局所に作用するだけで、性欲を亢進させる媚薬的な働きはありません。

陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害します。この作用から、PDE5阻害薬と呼ばれています。 性的な刺激により興奮すると、cGMP酵素の働きによってペニスへ大量の血液が流入し勃起します。 人間の身体は、平常とは違う状態になると、平常に戻そうとする作用が働きます。 例えば、自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、交感神経が高まると副交感神経がこれを抑えようと働きます。このバランスが崩れた状態を自律神経失調症といいます。 勃起は血液を流入させようとするcGMPと、それを防ごうとするPDE5のバランスで成り立っています。 若いころはcGMPの働きが活発で、PDE5はそれを抑えきれないため勃起が持続します。 しかしながら、年齢とともにPDE-5の働きが強くなり、最初は硬く勃起しても時間の経過とともに萎えてしまう中折れや、挿入に十分な固さが得られなくなってきます。 これが勃起不全症(ED)なのです。

これは人間の精神的な発育に例えると解りやすいかも知れません。 「少しイラっとする事」があったとします。 若いころは自分を抑えきれずに、怒ったり、キレたりしやすいですね。 しかし、加齢とともに温厚な性格になり、多少の出来事ではキレなくなってきます。 ですから、EDは人間として正常に発育した証拠であり、決して恥ずかしい病気では無いのです。

これらED治療薬の臨床試験では、この薬を含め 同類薬による多くの治験が国内外で行われています。症状にもよりますが、おおよそ70〜90%くらいの割合でED症状の改善が有効と評価されています。

未承認医薬品の商品概要を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

効果・効能

シアリス同様に10mgで24時間〜30時間、20mgで30時間〜36時間もの長い時間、作用します。 性的興奮や性欲を増進させるような作用はなく、あくまで性的刺激を受けて勃起したペニスを補助する効果です。 要するに服用するだけでは勃起しませんのでご注意ください。

最高血中濃度に達するのが人によって、または体調によって異なり1時間〜4時間あるので性行為の4時間前くらいには服用しておいた方が無難ではあります。 タダラフィルは食事の影響を受けにくいので、食後や性行為の直前ではなく、もっと早いタイミングで飲んでおいてもよいでしょう。 例えば、デートに出かける前など。

シアリス同様に食事の影響を受けないとされていますが、やはりバイアグラ同様に空腹時に服用して食事をする前に体内に吸収させてしまった方が断然、高い効果が得られます。 最高血中濃度に達する(Tmax)が平均3時間であることも考慮すると、服用するタイミングは夕食の3時間前が一番良いでしょう。 20mgでしたら、その後最大36時間も効果が持続しますので、翌日の夜までタダチップの効果が期待できます。 バイアグラやレビトラよりも副作用が少ない分、効果も若干マイルドに作用しますが、バイアグラのような不自然な勃起ではなく、ごく自然な勃起を実現するため、ED治療薬を飲んでいることがバレにくいという利点があります。 長時間効きますので、食事前に服用しておけば時間や食事を気にする煩わしさはないのは利便性もあります。

未承認医薬品の効果・効能を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

成分

タダチップの分子構造

主成分:タダラフィル(Tadalafil)
化学式:C22H19N3O4
分子量:389.404 mol/g
半減期:17.5 時間
代謝:CYP3A4 (肝臓)
排泄:糞便(60%)、尿(30%)
CAS登録番号:171596-29-5

タダチップ(tadalis)の成分であるタダラフィル(Tadalafil)は、長時間効果型のホスホジエステラーゼ5阻害剤(PDE-5阻害薬)であり、日本での適応は、勃起不全 (ED) 、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大の排尿障害に処方されている。日本で承認されている医薬品名は、それぞれシアリス、アドシルカ、ザルティアである。

タダチップはED治療薬として先行する同様な効果があるシルデナフィル(バイアグラ)などと異なり、薬剤の血中濃度が半分に低下するまでの時間(半減期)が17時間30分と長いため、翌日にも作用が持ち越す長時間作用型であり、食事の有無にかかわらず効果が得られる点が大きなメリットである。

タダチップの成分は肝臓のCYP3A4によって代謝され便尿で排泄されます。警告枠に、心筋梗塞などの副作用の注意と、心血管系障害の有無の十分な確認が記載されているため、持病のある方や服薬中の方は十分に注意する必要があります。

未承認医薬品の成分を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

製造元

Cipla Ltd. (India)

Cipla Ltd.(シプラ社)はインドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置くインド最大手の医薬品メーカーです。 1935年に設立され2006年の売上高は約376億ルピー、営業利益は約91億ルピー、従業員数16,000人という巨大な製薬会社です。 インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。

シプラが生産するジェネリックの取扱い製品は、処方薬、一般医薬品、抗生物質、抗がん剤、抗エイズ剤、糖尿病薬、関節炎薬、心疾患薬、喘息薬、動物用ヘルスケア用品などを製造し、北米、南米、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界150カ国に輸出しています。 製薬施設は世界10カ国に存在し、各国の許認可機関に承認されており、安価なジェネリックを世界中に送り出す医薬品メーカーとして、世界的に有名で信頼のある製薬会社なのです。

シプラ社は、バイアグラのジェネリックで有名なカマグラも製造、販売しており、日本ではED治療薬のメーカーとして認知されているかもしれませんが、ED治療薬の専門メーカーではありません。 電子百科事典ウィキペディア(Wikipedia)でも、シプラ社の項目があります。

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

飲み方

通常、成人男性は1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。 10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性ED症錠患者、又は、混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができます。 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えてはいけません。 なお、いずれの場合も1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。

中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、服用間隔は24時間以上とすること。 なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを服用する場合には服用間隔を48時間以上とすること。 重度の腎障害のある患者では5mgを超えてはいけません。

デイリーユースに関しては、1日1回タダラフィルとして5mgを飲みます。24時間間隔で飲むことにより、常にタダラフィル成分が血液中に存在し、いつでも勃起可能な状態を維持することができます。

未承認医薬品の用法を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

副作用

頭痛、鼻水、鼻詰まり、顔面の紅潮、ほてり、動悸、めまい等がありますが、一過性のもので時間とともに軽減します。

治験時には、ED治療薬のシアリスで29.0%、肺動脈性肺高血圧症のアドシルカで53.1%、前立腺肥大症に伴う排尿障害のザルティアで11.0%に副作用が見られた。 重大な副作用には、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、Stevens-Johnson症候群がある。 硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニコランジル等の硝酸エステル系薬剤)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、併用は禁忌である。 死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、投与の前に、不安定狭心症、安定していない不整脈や高血圧、などの既往症がないことを確認するよう警告がなされている。

未承認医薬品の副作用を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

注意事項

タダチップの特徴は長時間効果ですが、時にはそれが問題となることがあります。 例えば、翌日は仕事なのにタダチップを飲んでしまうと、翌日も効果が持続していますので、通勤途中の満員電車の中で、セクシーな女性を見て勃起してしまう可能性があります。 痴漢に間違われた場合、股間が膨らんでいますので言い逃れはできません。 誤解されないよう、別な意味で服用タイミングを考える必要があります。

併用禁忌薬はシアリスと同じです。ニトログリセリンなどの硝酸剤とは絶対に併用しないで下さい。なぜならば、血圧が下がり過ぎて心停止の恐れがあるからです。 他には安静時の血圧が上が170以上もしくは下が100以上の高血圧の方、上が90未満もしくは下が50未満の低血圧の方、3か月以内に心筋梗塞、6カ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことがある人も服用できません。

インターネットで調べるとやくさんの個人輸入代行業者のサイトがございます。本物だとアピールするために鑑定書や成分検査証などを添付している悪徳業者もあります。実際に注文してみると発送元の国がバラバラなのです。全ての商品に薬剤のロット番号が明記されている証明証が添付してあるなら少しは信用できますが一部分だけの一度きりの証明書をもって全て本物というのは全くもって信用する価値はありません。

シアリスの偽物に限らず、このインド製ジェネリックのタダチップもかなり多くの偽物が流通しています。インターネットを利用して個人輸入業者を介して誰でも医薬品の個人輸入ができてしまいます。もし偽物と掴まされてもネットの個人輸入代行業者はあくまで代行しただけと主張するだけでお薬の保証は一切してくれません。つまり健康被害にあっても全て自己責任です。公的な制度である医薬品副作用救済制度も厚生労働省の承認を得ていないお薬ですので対象外となります。

何かあっても全て自己責任で泣き寝入りする以外方法がないというリスクがあることを十分に理解しておいて下さい。

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

その他

個人輸入した未承認医薬品は、輸入者本人が自分自身のために自己責任で使用することを前提に輸入が許可されている制度です。 リスクも十分に理解した上でご使用ください。 また、他人への転売や譲渡は薬事法により禁じられております。

勃起不全症の用法では、健康保険適用外の自由診療(保険外診療)で、正規品のシアリスは薬価基準にも未載です。 タダラフィルは医薬品名ではなく用法により保険適応がなされるため、勃起不全の用法では薬価基準での販売は適用されません。 そのため、ジェネリックのタダチップが安価でお求めやすい価格で購入する方法が人気なのです。

未承認医薬品を含む海外医薬品医薬品は、医師の診察や処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入(個人輸入)が法律(厚生労働省)により認められています。
個人輸入代行を利用すると日本円でお支払いができ、面倒な通関手続きも必要ありません。国内の通信販売と同じように商品の到着をお待ちいただくのみです。
(当店はお客様が個人輸入するのを代行する業者です。商品配達まで責任を持って対応いたします。)

くちこみ体験談

口コミ情報募集中!