ポスチノール(事後避妊薬)を業界最安値でお届けします

ポスチノールは望まない妊娠を防ぐ事後避妊薬(モーニングアフターピル)です。 通常、妊娠は喜ばしいものですが、時には望まない妊娠をする方もいます。適切な避妊を行わないことにより、結果として妊娠へと繋がってしまうのです。 そこで、避妊を行わずに性交渉を行った時や避妊に失敗してしまった時に、緊急で妊娠を避けるために活用される薬としてレボノルゲストレル(商品名:ノルレボ、ポスチノール)があります。レボノルゲストレルはプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の薬になります。
ここで、望まない妊娠とはどういうことなのか考えてみます。 第一のケースはコンドームが破れてしまった場合です。コンドームは装着による感触で快感を損なわないよう極限まで薄く設計されています。しかし、着装時に爪などで傷を付けてしまうと、挿入時やピストン運動により損傷部がダメージを受け、気付かぬうちに先端の精液溜めが破れていることがあります。このまま射精してしまうと、避妊せずに中出ししたのと同じになってしまいます。避妊していたけど失敗してしまったという一番多いパターンです。 2つ目は、彼が生で挿入を望んでいたり、避妊具を用意していない時に、雰囲気でセックスの流れになってしまったなど、本来挿入は避けるべき時に、場面に流されて性交してしまった場合です。射精は膣内ではなく外で出したから大丈夫と思ったら大間違いです。男性は射精前から少しずつ精子が漏れて出ています。大丈夫だろうと思っていると、翌月に生理が来ないパターンです。 3つ目は、強姦(レイプ)など、セックスそのものを望んでいなかったのに、無理やり挿入射精されてしまった場合です。これで妊娠するのが一番困ります。誰の子かわからないとか、本当に望まない妊娠です。 このように、様々なケースが考えられますが、望まない妊娠はポスティノールを飲むことで、高い確率で防ぐことができます。 妊娠を避ける確率を上げるためには、性交後、早いタイミングでポスチノールを服用しなければなりません。 避妊に失敗してから、個人輸入代行で注文しても72時間以内に配達は不可能です。 ですから、ポスティノールは慌てて買うのではなく、常備薬として常備しておくのがベストです。

ポスチノールについて

★[RGT便]の配達期間は6〜12日間程度です。
★[EMS便]の配達期間は5〜10日間程度です。
品番品名価格注文
10591ポスチノール(Postinor)0.75mg 1箱(2錠)[RGT便]2,580円
10592ポスチノール(Postinor)0.75mg 3箱(6錠)[RGT便]4,980円
10593ポスチノール(Postinor)0.75mg 10箱(20錠)[RGT便]9,800円

商品概要

ポスチノール(Postinor)はモーニングアフターピルとも呼ばれる事後避妊薬で、日本名はノルレボと呼ばれています。 一般的な避妊ピル(低用量ピル)は、毎日飲むことで排卵しないようにすることで妊娠(受精)を予防しますが、ポスチノールは緊急避妊薬と呼ばれるように、成功後に飲むことで望まない妊娠から身を守ることができます。

アフターピルは性交後24時間以内に飲むと高確率(95%)で妊娠を防ぐことができます。 個人輸入代行では商品配達まで1週間以上かかりますのでご注文の際はご注意ください。 事後避妊薬は必要になってから買うのではなく、常備薬として購入しておくのが良いでしょう。

ポスティノール(Postinor)は、無防備な性交後に望まない妊娠を防ぐためや、使用している避妊方法が失敗した場合に緊急避妊薬として使用される事後避妊薬(アフターピル)です。 性交渉後、一定時間内にポスティノールを服用することにより、子宮内膜への着床を防ぎ妊娠を阻害させます。 性交渉後72時間以内に服用する必要があり、ポスティノールはおよそ妊娠の85%を防止する効果があると推定されています。 服用のタイミングが早いほど効果が高く、性交後24時間以内に飲んだ場合の避妊効果(成功率)は95%と高いのですが、性交後24〜48時間で服用した場合は85%、48〜72時間の間で服用した時の効果は58%に減少してしまいます。 このように最初の24時間以内に服用すれば妊娠の95%が防げるため、高確率で望まない妊娠を予防することができるのです。 なお、72時間以上が経過してから飲んだ場合の有効性は非常に低く、妊娠の回避は期待できません。

未承認医薬品の商品概要を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

アフターピルは性交後24時間以内に飲むと高確率で妊娠を防ぐことができます。 個人輸入代行では商品配達まで1週間以上かかりますのでご注文の際はご注意ください。 事後避妊薬は必要になってから買うのではなく、常備薬として購入しておくのが良いでしょう。

効果・効能

妊娠と女性ホルモンには、密接な関係があります。女性ホルモンが分泌されることで妊娠するための環境が整い、受精することができます。 なかなか妊娠できない状態を不妊症といいます。不妊症の治療では女性ホルモンを薬として投与するなど、女性ホルモンをコントロールすることで不妊状態を改善することができます。これと同じように、女性ホルモンを制御すれば妊娠もコントロールできます。

女性ホルモンは主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類に分かれます。この中でも、生理周期の後半で重要な働きをする物質がプロゲステロンです。 排卵が起こる直前では、LH(黄体形成ホルモン)と呼ばれるホルモンが大量に分泌されます。これを、専門用語でLHサージといいます。ただ、ここでプロゲステロン(黄体ホルモン)が投与されると、LHサージが抑えられます。その結果、排卵が起こらなったり、遅延させたりすることができます。

排卵を生じなくなるため、受精することはありません。レボノルゲストレルはプロゲステロンと同じ作用を有しているため、上記のメカニズムで排卵を抑えます。 このような作用機序により、排卵しないように調節することで妊娠(受精)を回避させる薬がレボノルゲストレル(商品名:ポスチノール)です。

プロゲステロン(黄体ホルモン)として働くレボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)には、他にも着床障害を起こさせる働きが知られています。受精卵が子宮壁に付着し、発育の準備を始めることを着床といいます。着床まで起こることで、妊娠が成立します。 自然条件下では、排卵後5〜7日後に着床しやすい環境が作られます。ただ、レボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)を投与すると、プロゲステロンの作用によって先ほどの「着床しやすい環境」が早期に作られます。 その結果、受精卵が到達するころには既に着床しにくい環境へと子宮内が変化しています。これが、レボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)によって着床障害が起こる理由です。他にも、受精阻害作用によっても妊娠を抑えるともいわれています。 注意点としては、「性交渉の後、72時間以内に使用する」ことが挙げられます。日本での臨床試験では、72時間以内にレボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)を服用した場合、妊娠阻止率は81.0%であったことが分かっています。 レボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)による副作用としては、不正出血(月経以外のときに出血が起こること)が知られています。また、頭痛や悪心、けん怠感などの副作用もあります。 これらの副作用は、体内で働くプロゲステロンの濃度が一時的に高くなることによるものと考えられています。服用も一回ですむため、重い副作用に悩まされることはほとんどありません。 このような特徴により、排卵抑制や遅延、着床障害などを生じさせ、72時間以内に服用することで望まない妊娠を回避する薬がレボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)です。

未承認医薬品の効果・効能を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

成分

レボノルゲストレル(Levonorgestrel) 0.75mg
化学式:C21H28O2
分子量:312.446 g/mol
半減期:23〜49 時間
代謝:肝臓
排泄:腎臓(45%)、糞便(32%)
CAS登録番号:17489-40-6

レボノルゲストレル(Levonorgestre)はホルモン製剤の一つであり、様々な避妊手段に用いられる。 錠剤はプランBというブランドが主流で、緊急避妊薬として120時間以内に効果があり、性交渉後時間が経つにつれて効果が薄れ、妊娠前にのみ効く。また、エストロゲンと組み合わせた複合経口避妊薬もある。 ミレーナが主流なIUD内では、妊娠の長期予防に役立つ。一部の国では、移植可能なレボノルゲストレルも入手できる。 よく見られる副作用は、吐き気、乳房の圧痛、頭痛、経血量の増加や減少または生理不順である。妊娠中に緊急避妊薬として使用した場合に、胎児に影響する証拠はない。授乳中に使用しても安全である。レボノルゲストレル配合の避妊薬を摂取しても、性感染症のリスクは変わらない。子宮頸部を閉鎖して排卵を減少させ、精子の通過を防止することで効果がある。 レボノルゲストレルが最初に作られたのは1960年代で、1980年代に避妊薬として使用され始めた。 1999年にフランスで"NorLevo" としてフランスで正式に商品化され、以降、各国で正式に承認された。世界保健機関の必須医薬品のひとつで、基本的な保健システムに欠かせない最も重要な医薬品である。 ジェネリック医薬品として入手できる。 緊急避妊のために必要な服用量の卸売価格は、0.23〜1.65米ドルである。 アメリカでは、あらゆる年齢層を対象に一般用医薬品として販売されている。日本では導入が遅れ2011年2月23日に緊急避妊薬ノルレボとして承認された(アジアで認可していないのは日本と北朝鮮だけであった)が、一般用には販売されておらず、2017年7月26日、厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で一般用医薬品への転換が検討されたが、時期尚早として見送られた。 本剤の成分に対する過敏症の既往がある場合、重篤な肝機能障害のある場合(代謝能の低下により肝臓への負担が増加し、症状が増悪する可能性がある)、妊婦(成立した妊娠には効果がない)には処方してはいけない。その他肝障害のある場合、心疾患・腎疾患又はその既往歴のある場合(電解質代謝への影響によるナトリウムや体液の貯留により、症状が増悪する可能性がある)にも慎重を要する。また、重度の消化管障害あるいは消化管の吸収不良症候群がある場合,本剤の有効性が期待できないおそれがある。 副作用は、消退出血(46.2%)、不正子宮出血(13.8%)、頭痛(12.3%)、悪心(9.2%)、閨怠感(7.7%)などがあり、その他にめまい、腹痛、嘔吐、下痢、乳房の痛み、月経遅延、月経過多、疲労などがある。妊娠回避効果は100%ではなく、排卵日付近の性交渉ではレボノルゲストレルを使っても81〜84%である。

未承認医薬品の成分を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

製造元

Gedeon Richter Ltd.(Hungary)

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

飲み方

性交後72時間以内に1回目(1錠)を服用し、その12時間後に2回目(1錠)を服用します。
※性交後はなるべく早く服用してください。
※2錠目の服用は12時間以上あけないでください。
※2錠目を飲み忘れた場合は、すぐに服用し、すみやかに医師にご相談ください。
※1ヶ月に2回以内のご使用を厳守してください。

未承認医薬品の用法を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

副作用

・副作用として吐き気、嘔吐などの消化器症状が報告されています。

ブラウザでは表示されないクローラー向け

未承認医薬品の副作用を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

注意事項

・妊娠中には絶対に服用しないでください。 ・ポスティノールはあくまでも緊急避妊薬です。緊急の場合にのみ使用し、日常的な避妊法としてのご使用は避けてください。
・服用後はコンドームなどによる避妊具を使用するか、次の月経までは性交をしないようにしてください。
・小腸疾患(クローン病)にかかっている場合は医師の診察を必要とします。
・健康に不安のある方は、必ず医師に相談して下さい。
・異変を感じた場合、服用を直ちに中止し、すみやかに医師にご相談ください。

有効成分・添加剤に対してアレルギーがある方は、使用禁忌となっています。本剤もしくは含有成分でアレルギー反応を起こした経験がある方は、ご使用をお控えください。

その他

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

くちこみ体験談

口コミ情報