白内障目薬のC-NACシーナックを業界最安値でお届けします

C-NACシーナックはクララスティルと同じ有効成分の白内障治療用点眼液です。 「シーナック」は人間と動物に対し、10年以上の臨床実験を行ったうえで欧州の安全規格であるCEマークを取得しています。 医薬品として認定されている「クララスティル」は、非加水分解カルノシン配合の白内障治療点眼薬でドライアイにも有効です。犬猫などペットの白内障にも共通で使える目薬です。 白内障の原因は、体内にある天然の酸化防止剤であるカルノシンが不足することによって、眼球の水晶体が酸化して傷つき、すりガラス(くもりガラス)のようになってしまった状態です。 従来、白内障は眼の病気と思われていましたが、現在では白内障原因の90%は加齢によるものであることが臨床的に認められています。すなわち歳をとれば自然に白内障を発病するようになるのが当たり前であり、日本においても初期以上の水晶体混濁者(白内障発病者)の年齢別比率は下記のとおり、高年齢の方ほど高くなっています。 また、日本においては白内障患者数のうち女性の比率が高く、男女比率は男性1に対し女性3になっています。 白内障は、加齢にともない眼のカメラレンズの働きをしている水晶体の酸化が進み白濁していき、最悪の場合失明に近い状況にまでいたります。その原因は、天然の酸化防止剤・カルノシンの不足です。もともと人間の細胞内にはカルノシンという複合アミノ酸を作る機能が備わっており、このカルノシンが諸器官の酸化を抑制する役割をはたしています。ところが加齢とともにカルノシン作成機能が減退して行き、体内のカルノシン濃度が減少するため水晶体の酸化が進み、白内障へと進んでいくわけです。 日本での白内障治療は、手術を行うか、進行を遅らせる薬を点眼するかの2択です。 これまでは、手術(水晶体を除去してかわりに人工の眼内レンズを入れるのが一般的)以外に効果的な治療方法がないのが実情でした。白内障手術は世界中で一般的に行われており、最も安全な外科手術の一つとして認められていますが、手術の費用も高く、10%程度の方が再手術を受けられているのが現状です。 また、今までの目薬治療は、ピノレキシン製剤(カタリン・カリーユニ目薬等)とグルタチオン製剤(タチオン・ノイチオン目薬等)があります。水晶体のにごり(白濁)の予防と進行を遅れさせることを目的とした治療ですが、はっきりとした効果が認められているわけではありません。 しかし、Nアセテルカルノシン目薬『クララスティル』は、10年の臨床試験を経てEUの安全規格CEマークを医薬品として取得、2010年9月には米国で特許承認され、白内障治療に対する作用力が認められています。 シーナックは、Nアセテルカルノシンを1%含有し、欧州のEU安全規格であるCEマークを取得した点眼液です。 カルノシンの仲間にNアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)という複合アミノ酸があります。 これは人間の体内では作成されず、化学合成により製造されるものですが、このNAC溶液を目薬という形で投与すると人間の目の中でNACが本来のカルノシンに変わり、眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働くことをロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士が発見し、目薬クララスティルを開発しました。 クララスティルはNアセテルカルノシン(非加水分解カルノシン)溶液を1%含み、ヨーロッパにおいて医薬品として安全規格CEを取得しており、既にヨーロッパ・ロシア・東南アジアなどで4年間以上にわたり広く使用されています。 シーナックを開発した科学者は、Nアセテルカルノシンという複合アミノ酸溶液を含んだ成分が、人間と動物の白内障に関連性が高いという発明をし、各国に特急申請を行っており2010年9月にアメリカで特許が承認されました(承認番号:US7,795,203 B2)。 加齢性白内障だけでなく、糖尿病性、アトピー性など、ほとんどの白内障に対し作用が確認されています。 現在、日本やオヨーロッパでも特許申請中で、人と動物の双方に対し10年間以上も治験を行ってきた上で、安全性と治療効果が確認されており、副作用の事例報告もなく、事故発生の事例も1件もありませんので、安心して点眼いただけます。 白内障患者に1日2回、Nアセテルカルノシン(非加水分解カルノシン)を6ヶ月間使用した実験結果では、90%の患者に視力の改善が見られました。 また、41.5%に水晶体の濁りが改善(透過性の向上)する作用が確認できました。 臨床実験では、老人性白内障を患っていた期間が7年未満の患者に最も早く大きな効果が得られています。白内障になったら早目のクララスティル点眼をお勧めしますが、白内障期間が7〜15年という患者様でも改善が認められました。 非加水分解カルノシン配合の白内障治療点眼薬クララスティルのジェネリックでドライアイにも有効です。犬猫などペットの白内障にも共通で使える目薬です。 有効成分が様々な効果を持っているため、角膜障害、ドライアイ症候群、瞼裂斑にも有効であることが認められています。 シーナックと同じ成分の製品として先行品のクララスティルが有名ですが、キャンC(CAN-C)という有名な目薬とも同じ効果があります。 C-NACと同じ白内障を治療する目薬にキャンシー(can-c)という製品もあります。どちらもクララスティルと同成分のジェネリックです。can-cは人間用と動物用を分けて販売していますが、これは人体用医薬品と動物用医薬品では厚生労働省への医薬品としての届け出(許認可)が違うからです。 成分内容は全く同じですので、当店ではC-NACを人間にも動物(犬猫)にも点眼してご利用いただいております。

シーナックについて

★[RGT便]の配達期間は6〜12日間程度です。
★[EMS便]の配達期間は5〜10日間程度です。
品番品名価格注文
10587C-NACシーナック(クララスティルのジェネリック)点眼液10ml 1本[RGT便]2,800円
10588C-NACシーナック(クララスティルのジェネリック)点眼液10ml 2本[RGT便]4,200円
10589C-NACシーナック(クララスティルのジェネリック)点眼液10ml 3本[RGT便]5,400円
10590C-NACシーナック(クララスティルのジェネリック)点眼液10ml 6本[RGT便]7,800円
10591C-NACシーナック(クララスティルのジェネリック)点眼液10ml 8本[RGT便]9,200円

商品概要

白内障を予防したり、進行を遅らせるだけでなく、濁った水晶体の透過性を改善する効果があるとされています。
白内障は、加齢にともない眼のカメラレンズの働きをしている水晶体の酸化が進み白濁していき、最悪の場合失明に近い状況にまでいたります。 その原因は、天然の酸化防止剤・カルノシンの不足です。もともと人間の細胞内にはカルノシンという複合アミノ酸を作る機能が備わっており、このカルノシンが諸器官の酸化を抑制する役割をはたしています。 ところが加齢とともにカルノシンを生成する機能が減退し、体内のカルノシン濃度が減少するため水晶体の酸化が進み、白内障になってしまいます。
シーナックの成分はNアセテルカルノシンです。 カルノシンの仲間にNアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)という複合アミノ酸があります。
これは人間の体内では作成されず、化学合成により製造されるものですが、このNAC溶液を目薬という形で投与すると人間の目の中でNACが本来のカルノシンに変わり、眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働くことをロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士が発見し、目薬クララスティルを開発しました。 クララスティルはNアセテルカルノシン(非加水分解カルノシン)溶液を1%含み、ヨーロッパにおいて医薬品として安全規格CEマークを取得しています。 米国では特許取得(日本では申請中)、既にヨーロッパ・ロシア・東南アジアなどで6年間以上にわたり広く使用されています。
シーナックはこのクララスティルと同じ成分の安いジェネリック医薬品です。
有効成分として、カルボキシメチルセルロースが0.3%、N-アセチルカルノシンが1.0%配合されています。これらの有効成分が、眼の保護作用、保湿作用、コーティング作用を示します。

シーナックは1本10ml入りですが、クララステイルは5mlと半分の容量しかありません。1滴の量は0.04mlと言われています(滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量)。 眼薬をさすときに容器を押しすぎて大量に出さない限り、ボトルから落ちる1滴は0.04mlとすると、10mlでは250滴分です。1回1滴を両目にさし、1日4回使うとすると、1日に8滴ですから、ちょうど31日分になります。 要するにC-NACは1本1か月分、クララスティルは1本2週間分と考えるのが良いでしょう。 こう考えると、値段の安いシーナックのほうが2倍も多く入っているので、コストパフォーマンスの高い商品と高く評価されるのも納得できます。

未承認医薬品の商品概要を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

効果・効能

眼球の構造では、一番表面にあるのが角膜です。
その角膜は表面にあるため傷ついたり、乾燥したりしやすい状況にあります。そのため、通常は角膜の表面には涙の層があり、その中には角膜保護成分と呼ばれるものが含まれています。そして、これが角膜を守ってくれています。この角膜保護成分の働きを強めるのが、有効成分のカルボキシメチルセルロースです。涙の層に留まりやすい性質を持っていますので、効果が持続することが期待できます。
角膜上皮は多少の傷が入っても細胞の生まれ変わりを行うことで、修復することが可能です。この修復が阻害されると角膜障害などの角膜の疾患に繋がります。カルボキシメチルセルロースは、この角膜の修復を助ける働きも持っていると考えられています。また、N-アセチルカルノシンは、眼の内部の水晶体まで届くことで白内障に有効であるとされています。シーナックは、以上の効果がある為、様々な疾患の治療に使用されています。
さらに、シーナックは疾病の治療だけでなく不快感や疲労感の改善にも用いることができます。風、寒さ、タバコの煙、汚染された空気などの外部因子による不快感や刺激感を改善します。さらに、コンタクトレンズの装着、PCでの仕事、車の長距離運転、テレビ視聴、読書による眼の疲労感やドライアイも改善します。
シーナックは1本10mLですので、およそ150〜200滴分となります。通常1回に1〜2滴で、1日2〜4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が3〜4週間分となります。安全にお使い頂くために、開封後30日を経過したら、廃棄することが推奨されています。

未承認医薬品の効果・効能を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

成分

有効成分:N-アセチルカルノシン(非加水分解カルノシン)1.0%、グリセリン1.0%、カルボキシ・メチル・セルロース 0.3%、ベンジルアルコール 0.3%、ポタシウム炭酸水素塩0.1%

未承認医薬品の成分を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

製造元

Intas Pharma (インタス・ファーマ)はインド国内で12位にランクインしている巨大な大手製薬会社です。
国内市場では5%以上のシェアを持っており、インドに限らず、北米、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアやアジアなどでも、安価なジェネリック医薬品を流通しているグローバルな製薬会社です。
製薬工場は本拠地のインドはもちろん、それ以外にも世界10ヶ国に所有しており、それぞれの国の厚生労働省にあたる機関から承認をうけています。
主に腎臓、消化器、泌尿器、整形外科、心臓病、糖尿病などに用いられる医薬品を製造販売しています。 アメリカの工場では、抗がん剤、脂質低下剤など36以上の薬品においてアメリカ食品医薬局(FDA)にジェネリックとして承認されています。

Intas Pharma (インタス・ファーマ)は、インドのアフマダーバードに本社を置く製薬会社で、2000年に設立した比較的新しい医薬品メーカーですが、ジェネリック大国であるインド国内では12位にランクするほどの一流な上場企業です。 インドの国内シェア率は5%以上もあり、全世界で安いジェネリック医薬品を展開するグローバルな製薬会社です。 医薬品の製造工場はインド以外にも10カ国に建設しており、各国の政府から認可された工場で生産しています。

薬事法第68条により未承認医薬品を不特定多数の方へ宣伝広告することは禁止されておりますので表示できません。

使い方

シーナック(白内障点眼薬)は、様々な症状に使える点眼薬で、症状や状態によって使う回数が異なります。ですので、使用する前に医師や薬剤師に相談することをお勧めします。一般的には、1回に1〜2滴で、1日2回点眼します。
シーナックは、成分が容器の下の方に沈殿しやすいので、使う前によく振って、点眼薬を混ぜてから点眼してください。
シーナックのボトルをゆっくりと押し、点眼液1〜2滴をしっかりと結膜嚢の中に入れてください。その後、ゆっくりと眼を閉じて、しばらくそのままにしておくと、薬の成分が眼全体に広がります。60秒以上閉じておくことが推奨されています。まばたきをすると有効成分が流れ出てしまいますので、しばらくはまばたきを避けましょう。眼を閉じている際に、目頭(眼の内側で鼻との交差点付近)を指で押さえておくと、点眼薬が口や鼻の方に流れていきませんので、眼以外の部分の副作用を防ぐことができます。通常は上を向いて点眼しますが、もし首に問題がある場合は、寝た状態で点眼してください。
点眼する際には、容器内の点眼薬の汚染防止のため、容器の先端が直接目に触れないように注意してください。点眼する前に手を洗っておくと、さらに清潔に保てます。点眼液が汚染してしまい、長期間そのままにしておくと細菌が繁殖してしまうこともあります。このようなリスクを回避するため、最初にボトルの蓋を開けてから30日経ったら、点眼液が残っていても廃棄・処分してください。細菌の繁殖が気になる方は、冷蔵庫で保管すると安心です。
また、コンタクトレンズを使っている方は、一旦外してから点眼する方が良いでしょう。装着したまま点眼したい方は、事前に医師に相談してください。シーナックは、眼以外には使ってはいけません。飲みこんだり、皮膚に塗ったりしないでください。点眼後に、眼のかすみや眼の刺激感がまれに起こることがありますので、点眼後しばらくの時間は、車の運転や危険を伴う作業を避けた方が良いでしょう。
シーナックは、25℃以下の涼しい場所で、日光の光を避けて、子供の手のとどかないようにして保管してください。冷蔵庫で保管しても構いません。
※ペットに投薬する際は、下記の量を投与してください。
最初の6ヶ月間:両眼 1日朝夕2回 1滴点眼
次の7ヶ月目〜:両眼 1日1回 1滴点眼

シーナックは白内障治療用の目薬ですが、緑内障の点眼液と併用することは可能です。 一般的に、2種類以上の目薬を点眼する場合は、第一液を点眼後、5分程度時間を空けてから第二液の目薬をさします。 第一液と第二液を続けて点眼すると、眼から薬液が溢れてしまい効果が薄くなってしまいます。 また、コンタクトレンズ使用中は点眼できません(但し、ハードレンズは装着中でも点眼できます)。 点眼後にコンタクトレンズを装着する場合は30分以上経過してからにしましょう。
目薬は先端を眼球やまつ毛に付けないように使用しましょう。 また、同じ目薬を複数人で併用するのもお勧めできません。目薬容器の先端部を介して他の感染症を伝染する恐れがあるからです。

未承認医薬品の用法を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

副作用

シーナックは、副作用の発現が少ないため、安全性が高い点眼薬とされています。副作用として報告が多いのは、使用時の眼の刺激感です。使用を続ける間に慣れていくことが多いようですが、もし使用を続けても慣れない場合や刺激感が強い場合は医師に相談してください。
本剤に含まれる有効成分・添加剤に対して、アレルギーを持っている方が使用した場合、アレルギー症状がでることがあります。報告ではほとんどないようですが、万が一、呼吸困難、胸の締め付け感、皮膚の発赤、蕁麻疹などが出た場合には、すぐに医師もしくは救急センターに連絡してください。
また、副作用ではありませんが、シーナックを使用しても、元々罹患していた眼の疾患が進行してしまう場合があります。もし、眼がかすんできた、視野が狭くなった、ある一部分が見えなくなったなどの症状に気付いた場合には、眼科を受診してください。

シーナックは欧州でCEマークを取得しているクララスティルと同成分のジェネリック医薬品です。 CEマークは安全性が確認された商品のみ取得できるものであり、シーナックも同等な安全が確保されていると言えるでしょう。

未承認医薬品の副作用を不特定多数の方へ宣伝広告することは薬事法第68条により禁止されておりますので表示できません。

注意事項

シーナック(白内障点眼薬)の有効成分・添加剤に対してアレルギーがある方は、使用禁忌となっています。本剤もしくは含有成分を含む点眼薬でアレルギー反応を起こした経験がある方は、ご使用をお控えください。

こどもの手の届かない場所に保管して下さい。 常温で保管可能ですが、高温多湿な場所は避けましょう。

有効成分・添加剤に対してアレルギーがある方は、使用禁忌となっています。本剤もしくは含有成分でアレルギー反応を起こした経験がある方は、ご使用をお控えください。

その他

個人輸入した未承認医薬品は、輸入者本人が自分自身のために自己責任で使用することを前提に輸入が許可されている制度です。 リスクも十分に理解した上でご使用ください。 また、他人への転売や譲渡は薬事法により禁じられております。

未承認医薬品を含む海外医薬品の個人輸入は法律で認められています。 医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。 なお、個人輸入は面倒な通関手続きは必要ありませんので、国内の通信販売と同じように商品の到着をお待ちいただくのみです。
(当店はお客様が個人輸入するのを代行する業者です。商品配達まで責任を持って対応いたします。)

くちこみ体験談

口コミ情報募集中!